<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

デンマーク大使館でジョージ ジェンセン

ジョージ ジェンセンのクラフトマンシップが真近で。
d0339890_12263884.jpg

デンマーク大使館の大使公邸での展示会にデンマークからシルバーウェアの銀細工士が来日。デモストレーションがありました。金打もオリジナルで銀器を打つとカンカンといい音がでます。私もトライさせていただいましたがなかなかいい音が出ませんでした。

d0339890_12263948.jpg

銀器を作る過程のものが陳列されていますが、すでにきれいなフォルムです。

d0339890_12263945.jpg

こちらは、デザイナー、カール・ラガー・フェルト氏もご購入だとか。ぶどうをモチーフにした作品です。

d0339890_12263905.jpg

こちらはエレガントな燭台。アールデコ調のものから現代的なモダンなものまでかなりの量が展示されていました。銀器を使う日常のラグジュアリーは優雅なひとときです。はたしていつくるのやら。。。

コーチの新作

なんだかまだ暑いままファッションは次のシーズンに突入!
d0339890_12264090.jpg

コーチの展示会はポピーシリーズの新作。鮮やかなお花と色で会場は華やか。

d0339890_12264088.jpg

コロンとした小さめのバッグは配色もキレイ。以外に分量がはいるところがいいですね。

d0339890_12264185.jpg

コーチはこのところシューズにも力を入れています。

d0339890_12264114.jpg

シンプルなエナメルのパンプスも色がカラフルで、履きやすいヒールの高さ。ちょっと履いてみたい一足です。

d0339890_12264230.jpg

次のシーズンはコーラルカラーが目を引きます。ネイビーにイエローのタッセルをポイントにしたものも新鮮。

蜷川実花さんBirth Day

パリの取材をご一緒させていただいた実花さん。
d0339890_12264226.jpg

今年のお誕生日は区切りの年。映画ヘルタースケルターの大成功もあったりとこれからも走り続けていく実花さんのご挨拶があり、みんな携帯を片手に写真を撮りまくり、なんだか結婚式の披露宴のようでした!

d0339890_12264265.jpg

お祝いのお花やプレゼントの前でパチリ。実花さんのドレスはボンマルシェ160周年でニナ・リッチとのレアなコラボものです♪背中の部分がレースでセクシー♡

GUCCI×森山大道さん

GUCCI新宿店で森山大道さんの「Mesh」展が開催。
d0339890_12264314.jpg

10月20日から始まった世界的に人気な森山大道さんの「Mesh」展がGUCCI新宿の3階イベントスペースで始まりました。森山さんは先日ロンドンのテートギャラリーでも個展がはじまったばかりです。

d0339890_12264352.jpg

壁一面のMeshな写真の上に森山さんのシルクスクリーンのプリントが展示。

d0339890_12264495.jpg

11月11日まで開催しています!お店のデイスプレイも必見。秋はアートが満載です。

パリ スキャパレリ

パリの最後の取材はスキャパレリ!
d0339890_12264406.jpg

パリコレでお披露目したスキャパレリのサロン。

d0339890_12264551.jpg

暖炉の上のガラスのデイスプレイ。

d0339890_12264502.jpg

懐かしいペイネの原画も飾られています。

d0339890_12264559.jpg

例題の香水のボトルをデザインしたのは、名だたる著名デザイナーばかりです。

d0339890_12264664.jpg

こちらはダリのデザインしたメンズの香水ボトル!オートクチュールなので誰でも入れるサロンではありませんがどのお部屋も素敵です♪1月のDAZZLEでご紹介させていただきます!お楽しみに。

パリのロケハン

今回のパリはDAZZLEの取材もありちょっと長めの滞在。

d0339890_12264693.jpg

ロケハン開始♪何度もパリに行ってはいますがほとんど知らないパリ。シェークスピアの本屋さんも初めてです。何百年も続いている本屋さんですがこの日もいっぱいの人でした。なんとこの本屋さんは英語版の本オンリーなのです。

d0339890_12264771.jpg

バカラ美術館。実は女性のトイレも必見です。モダンで素敵なスタルクのデザインでした。

d0339890_12264781.jpg

バカラ美術館の中にあるレストラン。ここでランチしたい!とスタッフの声が。。まだまだロケハン先がたくさんあるため泣く泣くあとにしました。

d0339890_12264712.jpg

パリは二ユアンスのある色の薔薇がたくさんあります。今回取材させていただくお花屋さんで。

d0339890_12264882.jpg

クリニャンクールのロケハン。今回の取材はDAZZLEで連載中のフォトグラファー蜷川実花さんです。この後ろ姿、今回はパリのマダムのようなシックな装いです。

パリの休日

今回のパリコレクションの取材の直後にDAZZLEのパリ取材。
d0339890_12264880.jpg

パリの老舗百貨店ボンマルシェは今年160周年。それを記念してボンマルシェのウィンドーディスプレイはこんなかんじ。メインのウィンドーはカトリーヌ・ドヌーブのイラスト入り。

d0339890_12264964.jpg

160周年の歩みやカトリーヌ・ドヌーブが歩くパリの街のショートフィルムや各ブランドとのコラボ商品や記念グッズなどもたくさん。パリにお出かけの際は一度おとずれる価値ありです!

d0339890_12264997.jpg

180年前の建物を日本人の野田氏が町家をイメージして、リノベーションした“麻”。リフレクソロジーや指圧でリラックスできるシックなスペースです。

d0339890_12265055.jpg

オーナーの平川さんと施術のスタッフ。タオルも今治タオルを使ったりしています。

d0339890_12265098.jpg

施術がおわると懐かしい香りのお茶でほっこりします。
ASSA 8rue christine 75006 Paris 33-01-46-34-59-08 
パリでお疲れの時には是非。

d0339890_12265003.jpg

明日からの撮影のロケハンをかねてクリニャンクールに。

d0339890_12265107.jpg

アンティークの家具やシャンデリア。バッグやアクセサリーも見ているだけでも楽しい時間です。

パリコレクション Part6

d0339890_12265154.jpg

シャネルのショーはグランパレでいつも壮大な仕掛けが。今回はエアーがテーマで
風車が回っていました。

d0339890_12265220.jpg

ショーの前はいろんなセレブやゲストでにぎわいます。

d0339890_12265237.jpg

とてもハッピーな色合いやデザインのお洋服がたくさん発表されました。

d0339890_12265352.jpg

今年は80年代を彷彿させるトランスペアレントな靴や帽子がみられます。

d0339890_12265347.jpg

フィナーレは長いランウェイをカール様がお歩きになります。

d0339890_12265373.jpg

ルイ・ヴィトンの展示会にお邪魔しました。いつもはコレクションが終わるとすぐに帰国してしまいますが今回はちょっと滞在期間が長いので初めて伺えました。こちらのバッグはポニーにダミエプリント。その上にお花を織物で表現しています。


d0339890_12265448.jpg

近くで見ると細かいスパンコールを縦にきっちり配列してダミエ柄を作っています。

d0339890_12265494.jpg

展示会ではショーに使われたお洋服や小物をじかに見れてまた感動です!

パリコレクション Part5

d0339890_12265491.jpg

スワロフスキーの展示会。ブラジルやアフリカがテーマのカラフルな色使い

d0339890_12265588.jpg

こちらもアートピースな羽とスワロフスキーのデザイン。

d0339890_12265555.jpg

ロンシャンも回を重ねるごとにお洋服のコレクションが増えています。

d0339890_12265560.jpg

新作のバッグ。

d0339890_12265692.jpg

A.P.Cはモデルを使ったプレゼンテーション。

d0339890_12265623.jpg

デニムを使ったガーリーなスタイル。

d0339890_12265681.jpg

10時、オンタイムにはじまるルイ・ヴィトンのショーはダミエプリント。

d0339890_12265729.jpg

ショーのテーマはまさにダミエ。

d0339890_12265713.jpg

4機のエスカレーターから2人ずつのモデルが登場。

d0339890_12265798.jpg

最後のフィナーレも圧巻でした!マーク自身もこのエスカレータを駆け下りて着ました。

パリコレクション Part4

お天気がよいパリです。
d0339890_12265820.jpg

ショー会場のグランパレもこんなにきれい。

d0339890_12265804.jpg

レオナールのショーはプリントのミニドレスがたくさん発表されました。

d0339890_12265942.jpg

ショーにお伺いできなかったバレンシアガは展示会におじゃましました。フェミニンとマスキュラン、ハードとソフトという対比がテーマです。一見エレガントなドレスも実はハードな素材や手法のコレクションです。

d0339890_12265973.jpg

ヘッドドレスはモデルちゃんかしているとちょっと鹿の角のようにみえます。

d0339890_12265980.jpg

クロエのショーは自然光がさんさんでエアリーなかんじ。左奥のカメラ席の人数はすごいです。会場もひしめきあっていました。色のきれいなドレスはアンシンメトリー。

d0339890_12270097.jpg

白がメインのコレクションですがフレッシュでエレガント。

d0339890_12270003.jpg

夜はオルセー美術館でのレセプション。もう始まりましたが昔のドレスと絵画との展示。絵画に描かれている貴婦人の前に、絵の中と同じドレスが飾られていたり。1800年代のコルセットなども展示しています。一見の価値ありです。

高際香里 ブログ


by takagiwa-kaori